HOME > 腰痛・ぎっくり腰

腰痛・ぎっくり腰

ご注意下さい。

どの接骨院でも同様ですが、
腰痛・ぎっくり腰は基本的に慢性疾患になりますので、健康保険の適用が出来ません。
自費の料金での施術となりますので、予めご了承下さい。

腰が痛い場合

腰痛

腰痛のイメージ
こんな方へ
  • 立っているだけで腰が痛い
  • 歩くだけで腰に違和感がある
  • 中腰になるとに腰が痛い
  • 長時間椅子に座るのが辛い
  • 立ち上がる時に腰に痛みがある
腰痛とは

腰痛は日本でも最もポピュラーな疾患です。しかし、一言で腰痛と言っても鈍痛、放散痛、電撃痛や、腰を動かした時や安静時の痛みなど症状は多種多様です。
原因としては腰部の様々な疾患が筋肉に疲労や炎症を起こさせ、コリを作って血流を阻害することにより腰痛症状を引き起こします。最近では若者からお年寄りの方まで、幅広い年齢層でみられるようになりました。
ただ、一口に腰痛と言っても、さまざまで、「安静にしていれば痛まない」、「動いている時は痛まない」、「いつもズキズキ痛みがある」などがあります。

よくお聞きするのが、腰が痛いのでマッサージをしたり、カイロなどで温めるという話です。確かに血液の流れが悪くなると、筋肉がこわばったりして動きが悪くなったりすることはあります。

しかし、本当に腰痛とは筋肉と血液の流れの問題だけでしょうか?

確かに、仕事や作業で疲れて血液の流れが悪くなっているだけなら、マッサージやお風呂で温めるという方法も良いかもしれません。
しかし疲労だけの問題であれば、普通は2~3日もすれば症状は回復するはずです。2~3日経っても、痛みがとれない、もしくは痛みが強くなってきたというのなら、それは骨盤や背骨に歪みが生じた為になったという原因が考えられます。
症状が強くなる前に、身体のメンテナンスなどご相談から、お気軽にご質問ください。

ぎっくり腰

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰には、重いものを持ったり時の激しい負荷が原因と、長時間の同じ姿勢が原因の場合があります。
まず、重いものを持った時の激しい負荷が原因の場合、一般的に、肉体を酷使するようなハードワークの方に起こりやすいのですが、このような方は日々の負担に耐えられるように筋肉なども発達しているので、ぎっくり腰になりづらいという特徴もあります。しかし、ぎっくり腰の原因は、この負荷によって誘発される事はあまり多くありません。

次に、長時間の同じ姿勢が原因の場合は、デスクワークが中心の方や、車の運転などが長時間に及ぶ方などがあてはまります。
このような場合ですと、座ったままという状態が長時間に及んでしまい、腰への圧迫もかなりのものになります。この腰への圧迫が続いてしまうと、血の流れが悪くなるばかりでなく、椎間板などが損傷してヘルニアになってしまう場合もあります。この原因での、ぎっくり腰も意外と多いです。